投稿

表紙を変えてみた!

イメージ
ここ一週間,表紙を変える事がちょっと流行っている.

基はぶるーたすの851号,


















台湾の方には,あまり美しくないと不評.
皆さん各々が思う台湾のイメージがあるようで,
その考えを表したお手軽に表紙が出来る
ウェブページが登場しました.

私も表紙を変えてみました.
先ずは学生さんが野球ゲームで遊ぶ様子を...


















けっこういいかも.

ただ,台湾らしくないので,台湾らしさと言えば
「ユーラシア大陸プレートとフィリピン海プレート衝突境界」!!
フィールド中にプレート境界で撮った写真を,変えてみました.



















地球科学関係者しかわかってくれないかも知れない.





表紙写真議論の朝日新聞の記事
http://www.asahi.com/articles/ASK7N44ZFK7NUHBI017.html

地下鉄の床

イメージ
ユニバーシアード仕様になっています.
8月19日から30日まで


















2017年夏季ユニバーシアード台北大会
(中国語表記:臺北世界大學運動會)
https://www.taipei2017.com.tw/home

台湾フェア in 群馬 2017

イメージ
前橋市の群馬会館で,
平成29年7月15日(土)~16日(日)
10時00分~17時00分
台湾フェアが開催されます.

台湾に関する映画の上映や食品・マンゴーの販売が有ります.
私のお勧めは花蓮市の喫茶店で売っているアイスコーヒーです.






















台湾フェア in 群馬 2017 http://www.pref.gunma.jp/houdou/c37g_00006.html

らいち

イメージ
先週フィールド中に考えていたのは,
途中で知り合い宅へ寄り,庭に生るライチを
木からもぎ取って食べよう!
だけれどその家まで行けず(予定箇所終わらず),
でもライチが食べたかったので,早起きの早起きで花蓮の市場へ
出掛け,束ねたライチを買って(約350円)
わくわくしながらホテルへ持ち帰り,夜まで待てずに食べると,
全然甘みがなく...失望ライチでした.

ライチの甘み,見た目でどうやって判断するんだろう?
















ライチ食べたさに前倒しでフィールドに出ようかと考えてしまう.

国立台湾歴史博物館(台南)

イメージ
台南県にある台湾歴史博物館の常設展は,
台湾の人と社会と文化の力強さ,
清時代や日本統治時代など歴史の多重性に
民族集団の多元性を展示しています.
企画展は常時2つか3つ有るというのが吃驚です.

そして,
日本の佐倉にある国立歴史民俗博物館と2014年7月に
学術研究交流協定が締結し,協力事業のひとつとして,
台湾と日本の震災史をテーマとする学術研究交流の成果,
特別展開会のセレモニーに出席しました.
(日本側の展示は終了しています)

2016年2月に台南に地震があり,約1年半後にこの企画展.
セレモニーには,日本でいう〇〇長官,〇〇領事の方々も
参列されました.政治的にも災害後の信頼感を高めるいい
絵になっています.















http://www.nmth.gov.tw/exhibition_48_364.html

フォーカス台湾の記事
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201706280006.aspx

せんきょ

イメージ
ずっと前,
友達の父親の投票日の夜,
確定発表を待つお父様と支援者さんの後ろの部屋には,
沢山のお料理とお鮨が用意され,
「今のうちに食べなきゃ目当てのものが無くなる」と
友達に言われて,腹八分目までお鮨をつまんだ事があります.


別のお友達,
数ヶ月前に立候補するという連絡がありました.
私は立候補をするその選挙区に住所がないし,以前の住所でもないので
力になれず投票は出来ないな...と思っていました.

最近ニュースでよく見かけるので演説をきいてみると,
友達だという贔屓目を差っぴいても「この人に投票しよう!」と
思うぐらいに心に届く内容と,ひとつひとつの言葉に人柄が表れ,
応援したいのですが,一票になれずに無念です.

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170620-00000043-sasahi-pol&p=1




リモセンの研究集会の案内が届いていました.
拡散してと言われたけれども場所が辺鄙なのと,
夏季休みに入り,みんなフィールドに出ちゃって
誰も行く事ができません.


T minus 0

イメージ
機内のオーディオプログラムで,
往路で観たとき,復路でも見ようと心に決めた映画,
Hidden Figures
内容は,1960年前後のアメリカ有人宇宙飛行マーキュリー計画時の
NASAの女性3人の物語です.
映画の中で,Katherine Johnson が,
There are no colored bathroom in the building.と言うシーンが有ります.
当時は,お化粧室も別々だったんですね...
少しだけれど当時の映像も加えられています.


日本ではドリームと言うタイトルで9月末に公開されます.
タイミング会えばたぶんまた観てしまうでしょう.


Katherineについて

Katherine Coleman Goble Johnson

オスカー賞の時