投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

おやつ(昨日もらったクッキー)

イメージ
サンプル処理の合間、待ち時間に
まんとう君にもらったクッキーを食べた。

甘さ控えめで美味しいが、
焦げている部分が有ったから聞いてみたら、
自らの手作りだった!

男子から手作りクッキーをもらったのは初めて、
感激しました。

「年末のご挨拶だよ、
この年もお世話になりました、来年もよろしくねっ」と。
更に感激をしました。


この時期校内でよく見かけるこのお花、名前知らず。ふさふさ部分を触るとこそばゆい。


おやつ(McDonald's)

イメージ
ゴミ捨てを手伝い、その足で



研究室のM4いとこ君と昨年12月に校内に出店したMcDonald'sへ


私は期間限定の小豆パイ(28元約88円) いとこ君は、レギュラーメニューの林檎パイ(25元約74円)を注文
今から揚げるから7分待ってというので、 待ち時間潰しにといただいた紅茶を飲みながら、 大学割引は有るのか?と、聞いてみた。

店員さんからは、
単品でハンバーガーを注文したら1割引き でも、100円マックは割引対象外、 校内の方が外よりも少し高い 公館駅にあるマックも他と比べて少し高いのよ しかし、新生南路のマックは普通の価格よ
と言われた
私達は校内だから割安だと思っていた。


研究室に戻り、さぁ食べようーとした時、いとこ君が、 包みは林檎パイだけれども、中身が小豆だ!と叫んだ!
私は小豆パイの包みで小豆パイが入っている  いとこ君は、林檎パイの包みで小豆パイが入っている 彼は溜め息交じりに小豆パイを食べていた

小豆パイは、餡の甘さは控えめ、も少し餡がほしい、 温かい餡なら、タイ焼きや御座候(今川焼・回転焼きのこと)の方が好きだ


まんとう君からもらったクッキーのタグに、
Your short term goal will soon be realized と書かれていた
って、abstract を書き終えれるって思っていいんだろうか




フィールド中の写真

イメージ
中横公路のフィールド時の写真を、写真係M1よんらん君からもらいました。


力仕事はこの二人にお任せ























































記録、とか、他、



私の作業は、気象記録と、 スケール役


小雨も降って寒い







スケール







雪だよ





スケール





雲海より高い所は、晴れて暖かい





修論発表会(先輩の彼女)

イメージ
昨年7月に修論発表をした先輩の、彼女の修論発表会でした。



兵役中の先輩(彼氏)は、休日申請をして台北に戻ってきました。



来て頂いた方へのお茶菓子を用意していますが、 発表中は食べない方がいいんじゃないか・・・ と、思うのは日本人だけでしょうか。  私は終わってから頂きました。




合格の握手!




発表後は夕食会 大学近所にある点心のお店「易牙居」へ。
同じ研究室ではないので、行ってもいいのか戸惑ったけれど、 うちの研究室からも他に2名招待されていたので、 遠慮なくご馳走になってきました。



まるごとスープは美味しいね。




フィールド中に見つけた殻

イメージ
やもりの卵の殻です。
粘度が有るのかどうか、壁にぴったりくっついていました。 
サイズは約1cm。







台湾の第4紀学会が高雄で行われています。 

https://sites.google.com/site/12thtaiwanquaternary/

先生は聞きに行ってもよい、と言ってくれたけれども、腰
痛が全快ではないので、東洋医へ行きます。

中央山脈フィールド(戻りました)

イメージ
中部を横断する道路「中横公路」に行ってきました。


中横公路は、全長190.83キロ。
台湾の中央山脈の中央部を東西に横断する道路です。

中間辺りの梨山で、西中横公路、東中横公路、
宜蘭へ向かう側線の三つの道路が有り、
西中横公路の合歓山武嶺では
公路中最高海抜地点が標高3,275mです。























フィールド地点は、西中横公路の最高標高点は2,565m大禹嶺
要所要所でサンプリングします。



太魯閣渓谷の終盤の天祥を過ぎると、
東西分岐地点までは商店はないので太魯閣入り口の
セブンイレブンで買い出しを、宿泊は中横公路途中の「」でした。





廟に居た犬達には歓迎され




















鶏には睨まれた
























廟では、夜の気温が0度に近くなるのに、暖が無く、寒かった。
床にごろ寝だったので寝がえりをする度に起きてしまいました。




昼食


寒かったけれど、景色が素晴らしく、また来たいと思った。
2,565m大禹嶺附近、雲海を望む







































中横公路は東端は花蓮県太魯閣、西端は台中市東勢で、台湾中央山脈の中央部を東西に横断する自動車道です。


標高3,275mの武嶺は台湾の自動車道としては最も高い海抜にあり、ここから合歓山の山々

全長190.83キロ、最高標高点は2,565メートル(大禹嶺)、

中央山脈フィールド(出発)

イメージ
朝6時半出発、
これから中央山脈フィールドです。
標高2,500~3,000mの所へ行ってきます。
日曜日に戻る予定。





























胞子・花粉の化学処理は、
グルコン酸カルシウムを使う事なく、
プレパラート、作り終えました。

フィールドから戻ったら顕微鏡です。
何が出て来るか、楽しみです。





フッ酸事故応急処置のページ http://www.st.rim.or.jp/~shw/MSDS/08152350.pdf

胞子・花粉の化学処理

イメージ
珪藻化石の処理と違い、数種の劇薬を扱うので気は抜けない中、 「いつもねぇ~、 爆発しないかなぁーと悶々と思いながら処理してんだよねぇ~」と、 お隣の研究室のディンウェイ君が言う。
























「次は、硝酸と硫酸を9:1の割合でお願い~」と言われ、 硝酸を探すも、硝酸が見当たらない。
胞子・花粉処理は初めての私でも、硝酸なんて使うのか? と、疑問に思いながらも、硝酸を探し続けた。
暫くしてディンウェイ君が、 「ごめん、無水酢酸だった。言い間違えたわ」と。
硝酸だったら、爆発してたよ!。 
でも,ディンウェイ君の夢、かなえられたかもしんない。






麵腸(ベジの材料)

イメージ
市場で生湯葉を買った時、同じケース内に、腸ぽい形、
良く言えばクロワッサンぽい形の何かが有ったので、
女将さんに尋ねてみたら、「麵腸」だよ、と言われた。 
なにそれ?





















素食(ベジタリアン)材料で、
バジルと炒めて食べたら美味しいという。

「写真撮っていい?」って聞いたら、
こんなもん撮ってどうするんだという顔で笑われた。


小麦粉と強力粉を合わせた物に水を加えて練り、
寝かせ、薄く延ばして団子状に丸め、茹でたもの、
と書かれてあった。 

あれ?ベーグルの作り方に似ている。
イーストを入れて、最後に焼けば、ベーグルだ。







腰痛で中医(伝統中国医学)へ

イメージ
2009年に初めてぎっくり腰になった時
台北市立の中医の総合病院で鍼治療をし、
効果を感じたので同じ医院へ行こうとネット予約をしようとしたら、
担当医がいなくなっていた。

ので、大学近所の診療所へ。
数ある診療所の中からここに決めたのは女医さんだから。


診療所の名前は「一厳堂」。ボーイッシュな女医さんが居ます。 場所は,公館の三角公園に面しマンションの一階部分。 お隣は粉もん屋さん(水餃子とかのね)、数件隣ににギリシャ料理店が有ります。 受付+診察費=150元(約400円弱)


二日間連続で鍼を打ってもらい、マシにはなりました。が、全快ではない。
















少し経過を見よう、って思ったら、
先生は今週末から安比高原に行くと言う。来週は休診です。


フィールドまでに回復しなければ以前の医院へ行こうっと。

大学から帰宅距離内でよい雰囲気の中医が見つかってよかった。

期末テスト終わりました

イメージ
お正月まで後一カ月、
世間は着々とお正月色の赤色・金色に変わっています。。


この時期によく見かけるピーナッツ菓子

ピーナッツバター
ピーナッツペーストと薄い麦芽糖の層が重なり、
食感がサクさくサク。





この味、アメリカで売っているお菓子 REESE'S PEANUT BUTTER CUPS に似ています。 





機窓より

イメージ
日本から戻ってくる時も、富士山を見る事が出来ました。
南アルプスも。
どれかが北岳・間ノ岳・塩見岳・悪沢岳だと思われます。




山頂にかなり近づき、登山路も良く見えます。

赤道海域の朝焼け

イメージ
本年もよろしくお願い致します。





太平洋の外洋、赤道海域の素晴らしい朝やけ写真、海洋研究開発機構jamstecの今週の一枚をお借りいたしました。