投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

機内食

イメージ
食べてみたかった6月限定の 故宮博物院コレクションをモチーフにした機内食が, operational upgradeで座席変更となり, 食べる事が出来ました.






















たまごの白身だけ使った焼ごはん


















デザートはマンゴーパンナコッタと甘いチマキ

















とっても美味しかったです


















O先生宅に泊まっています



らいちの発音

イメージ
「らいち時期」もそろそろ終りそうで, 先生のところには美味しいらいちが届いているのに, 未だ食べていない事に気づき,研究室の冷蔵庫を見たら, 水分が飛んで干乾びたらいちしか残っていなかった
みずみずしいうちに食べればよかった...
ライチの中国語発音が難しい.
声調を間違えると,違う果物になります
梨 li   栗 li 茘  li  
発音はみんな「り」で
声調は
梨 li 二音 栗 li 四音 茘  li 四音

栗とらいちって一緒?
でも,らいちは名詞で茘枝,
梨と栗は単音なので「子」を付けます.

梨子 li2 zi軽音 栗子 li4 zi軽音 茘枝  li4 zhi1
梨子は,li二音とzi軽音で,軽音ziの発音は,li二音より低くなります
栗子は,li四音とzi軽音で,軽音ziの発音は,li四音と同じくらい
zi と zhi の発音も難しい


この発音を,声調を無視した日本語ひらがなで表すと
梨子 りーず 栗子 りーず 茘枝  りーじ
でも,声調がなきゃ,まったく通じない







午後は大雨

イメージ
プロレスタント式の儀は初めてでした.
受付で十字架シールを貼ってもらい, 賛美歌が書かれたプログラムをもらい,讃美歌を歌い,聞き, 聖書と牧師の説教を聞いて,お別れを 仏教式とは違い,神に礼拝をすることは考え深いと感じました














同級生のお葬式で,同級生と3年振りに会う,
来れたのは14人
皆あまり変化はないけど,
子供ぽさが無くなっていました 食事してお茶を飲んで,研究室へ戻りました
今まで,スカートをはいて研究室に行った事がないから M2ざん君に,二度見され
「スカートはくんだ・・・」と言われてしまいました.











台湾ビール青梅味

イメージ
あごう君の昨日のランチが,
おにぎりと台湾ビール・甘酸っぱい青梅味(3.8%ABV)でした


















ビールせいなのか,
あごう君は,15時ごろから寝ていました
夜になっても起きてこなかったです

彌之助さん.....
ここんところ,彌之助論文(1935)にかかりっきりです


科学めん

イメージ
小腹が空いた...とつぶやいたら
「フィールドのおやつ,残ってるよ」と,科学麺を頂きました





















学会参加でアメリカへ行っていたAさんのお土産です.

有難うございます.次は12月ですね.









野柳地質公園の

イメージ
観光名所となっている,砂岩の風化が問題になり, 首に当たる部分が折れそうだという事で,
補強をして風化を抑止するか否かが議論されているようです


自然に任せ,
風化のモデルケースとして研究していけばいいんじゃないかな





http://japan.cna.com.tw/news/atra/201406140004.aspx

久し振りの連絡

イメージ
水曜日,生命科学科の同級生から久し振りの連絡がきました

療養中の同級生のことだった


3週間前にマスクをつけていない姿の写真をFBに投稿していたから

今の化学療法が合っているのかなと思っていたけど

その写真を今見返し,本当はそうでも無かったのかと,考えた


発病から半年後によい方向へ進んでいると聞いて以来

FBでも連絡が取れるしと思い2年間,お見舞いに行く事がなくなってしまった


もっとお見舞いに行くべきだった,後悔噬臍



お葬式の連絡で,久し振りに同級生と連絡を取りあう
兵役中や,博士課程で海外滞在中や,研修医で忙しい等など,
同級生は,まだ26歳,早過ぎます
自分が26歳だったころ,どんな事を考えていたんだろうと振り返った







卒業式

イメージ
7日土曜日は,大学で卒業式が有りました.

修士と博士で計800人方が卒業しました.

ガウンの上からかぶるフードは,学部によって色が違い, 地質学科は黄色です




おめでとう!







つばめさん

イメージ
先週まだ雛だったのに,かなり大きくなっていました

そろそろ巣立つのかな