投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

台風一過

イメージ
今日は36度まで気温が上がり,夏日でした.

大学近所の川は,颱風の時は水位が高くなります



























































方々,先生方から沢山の台風伺いメールを有難うございました. 気にかけて頂いて本当に嬉しいです.

豪雨で部屋は水浸しになるところを, 徹夜で拭いたので,今回は物には被害は無かったです.
(8月7日の台風13号の時,部屋が20cm浸水しました)








大御所の先生

イメージ
24日から大先生O先生がいらしています.
毎朝7時にホテルへ向い,ホテルで一緒に朝食を食べ 大学へ行きます.
食事で気になる事があります. 先生はお歳のせいか食が細く,これだけ??というぐらいに少量! かなり心配しますが,本人は大丈夫だと言います.
例えば昨日のランチは,チャーハンをスプーン4くち,これで終了. すんごく心配なので,15時のおやつにコーヒーとカステラを差し入れ.
87歳の食量とはこんなもんなんだろうか...

今日は朝食時の天候は小雨でしたが,徐々に台風の影響が表れ, 先生にはホテルに籠って仕事をして頂く事に.私も帰宅.

夕刻,風も雨も強くなったので外出は危険な為, 夕食に先生のホテルへ向かう事は出来ないと伝え, おひとりで食べて頂く事にしました.
先生おひとり夕食の可能性は今朝から解っていた事で セブンイレブンでお稲荷さんや焼鯖のおにぎり等を購入し,事前に差し入れていました
でも,ホテル内にもレストランは有り,ルームサービスの内容も確認をしたので 何も食べる物が無いという状況にはならないと思います.







19時追記:
































雨水が部屋に入り込んでいます...

中秋節

イメージ
中秋節と言えば月餅と言う印象でした.
ここ数年は人気なく,
月餅はカロリーが高い,古臭いお菓子の印象などで,
中秋節に贈られて困る物第一位になったようです

私は大好きなんですが,小豆あんと肉が入っている甘辛味は
あまり好きじゃないです


今夜のお月見,台北は台風の影響で雨です.
スーパームーン,見る事が出来ないね.





教師節の宴会

イメージ
来週月曜日9月28日は教師に感謝をする日(教師節)で
前倒しで25日に恩師を囲んでの宴会が有りました.

先生の在校生や卒業生,来れない人もいたけれど,32人が集まり
いつもの海鮮料理店でいつもの様に宴会

研究室に戻り二次会,
二次会はお茶を飲んでお菓子やフルーツを食べたり

~色々と,食べ過ぎました





























(日本以外の国は日付が違うけれども教師節が有ります)

茶葉菓子と湾曲ポスト

イメージ
静大の先生から頂いた茶葉を使ったお菓子が
お茶の香りとアーモンドプードルの生地が合っていて
とっても美味しかったです.有難うございます.






























ワークショップ終了後,先生達と台北を散策し,
台風12号(Typhoon Soudelor)で湾曲したポストにも行きました.
湾曲理由は,暴風で何かが飛ばされ,ポストにぶつかり,
二台揃って曲がった,ということです.











































中国語では歪腰郵筒(Wāi yāo yóu tǒng)と言い,
場所は,龍江路と南京東路で,角の中華航空から路地に入り
セブンイレブンの前に有ります.


歪腰郵筒(中国語Wikiの頁)
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AA%E8%85%B0%E9%83%B5%E7%AD%92



このポストを見に来る人が,途切れることなく続いている事が
ちょっとした驚きでした.

観光スポットになっているようです.




データ投影型の地球儀

イメージ
気象局へ行きました.
地震監視システム等のお話を聞き,最後にこれを見学.

NOAA(アメリカ海洋大気庁)が開発した科学地球儀
Science On a Sphere です.
大きさは直径1.7m,4か所のプロジェクターを用いて照射され
海洋等に関するデータを映します.

























NOAAのScience On a Sphereに関するページ
http://sos.noaa.gov/What_is_SOS/index.html



いくつかの地震データを見せて頂きました.
いつも見ている津波シュミレーションでは見る事はない
大陸棚に到着した時の波高の様子が解りました.

大陸棚に到着した時の波高は,高波と変わりない
高波と津波の違いを証明するのは難しいです

アルゴンアルゴンかと思っていたら

イメージ
一昨日,帰り際に先生の奥様から
「私にお勧めの大阪の博物館調べて,それと,
Ar分析の事も!よろしく!」
とだけ伝えられ,詳細を聞くことも出来ず彼女は足早に去って行った

彼女の研究内容は知っているので,
なぜAr(アルゴンアルゴン)なんだろう...と考えつつも翌日の
フィールドの準備が有った為,戻ってきたら調べようと考えていました.


今日,彼女の研究とAr法の分析について調べてみたら
なんかしっくりとこない,見当違いに近い,
もしかしてアルゴンアルゴンは自分の思い込みなんじゃないか...
と,よくよく調べてみたら,
AR法は,Auto Radiography method だった.(Arじゃなかった!)

初みみ...


AR法は,簡単に言えば,物質から放射される放射線を
輝尽性蛍光フィルムに記録して画像を得る
画像から酸化カリウムの含有量を計る

あ,手法はOSL?ルミネッセンス法に近い?


分析を手伝ってもいいけれど,
何処のラボで出来るんだろう,考古かなぁ



博物館はみんぱくをお勧めしました
http://www.minpaku.ac.jp/








きゅんちゃん,お気に入りです(去年から)
日本ではイベントが行われるようです(行きたいねっ)




























札幌駅で買ったストラップは取り付け1時間後に壊れました




.

新年度が始まりました

イメージ
新入生が沢山校内をうろうろうろ,
歩行者の事を考えずに適当に走る自転車の往来が,とても危険です.

研究室の新入生は大学院生2名,博士課程1名.
現時点で,M2~M4,アシスタント含むと12名という大所帯になりました

人数...多いなぁ...





先生のところに毎年届くボンタンは,
今年は未だ届いていない...








釈迦とよっぱらい

イメージ
久し振りに釈迦を食べました.



























台北で大き目の釈迦を買うと一個150~250元(600円~1100)ぐらいですが
産地の台東だと半分の値段で買えます.
台東だと小さいサイズは規定外なので6つで100元という値段だそうですが
可食部分が少ないので,大きいお釈迦さまの頭っぽい形の方がいいですね


小さいサイズはひと箱100元(400円)
フィールドノートで比較下さい










































大きいのはひと箱400元(1600円)ぐらいです
全て量り売りです




夜は送別会が有ったので,今回は日帰りです.
台北に戻り,海産物店へ
2月に卒業をしたあざん君は,来週から義務の軍隊に入隊します


いつもの事ながら,先生達も学生も沢山呑んでましたね
3時間でビールはひとケースと半分,


酔って帰れなく研究室の床で寝た学生も...





























台湾鉄道の東線が電化され,台北から台東までプユマ号で4時間弱で
行けるようになり便利になったなぁと思います(以前は7時間かかっていた!)

でも,飛行機の方が断然速くて楽です(鐵道の料金プラス1000元ぐらい)



.

フィールド調査終了

イメージ
M先生達も無事日本へ戻りました.

今回は途中で台風に遭い,観測が出来ない事も有りましたが
予定の観測は終了しました.

新しく設置をした観測線は,途中までしか出来なかったので
来年3月にもう一度観測します.


























機械に設置している温度計は常時40度越えで
みんな,暑いしんどい,暑いしんどい,でも大丈夫!と口にしていました





































疲れているので,民宿に戻ると,着替える前に一眠りしてしまいます





































ドラゴンフルーツ畑



休憩がてら, この時期だけ見ることが出来る山ノ上の金針花畑へ (M1とM2の学生さん)


観測中, 橋の上で猫を拾いました. 民宿へ連れて帰り,5日間育てていました 衰弱していましたが,ご飯と瑞穂牧場の牛乳を欲しがるだけあげたら,元気になり 民宿の隣人にもらわれていきました
手足が白かったので,白足袋ちゃんと呼んでいました

ある日の会話
私「そう言えば,白足袋をはいた猫って絵本有ったよね??」 M瀬「ええっと...それは長靴をはいた猫じゃなかったですか?」 M多「おまえアホ」

ってこんな会話も有りました


台風の日の午後は観測を休み,皆で人生ゲームを.
ルーレットを回しマス目に停まったら,日本人の我々はマス目に書かれた 内容を直ぐに理解し笑いが出たり驚いたりと一旦感情を出してしまい, 台湾の方々は「なになに,なにが有ったの!!」と説明をする前から 何かを予感して面白がっています.
こんなゲームは台湾にはない,本当に人生を経験出来ると大好評でした. (私は銀行係り)

観測時,時期柄のイベント原住民の豊年祭も見学できました



観測地の玉里にある,プレート境界碑